• 印刷する

トヨタ自動車、2022年にHVを現地生産

トヨタ自動車は5日、2022年にインドネシアでハイブリッド車(HV)の生産を開始すると発表した。これまでも電動車の現地生産開始がうわさされていたものの、トヨタが正式に発表するのは初めて。具体的なモデルや車種は明らかにしていないが、東南アジアなどへの輸出も予定している。インドネシアでは21年10月に自動車の奢侈(しゃし)税が変更され、電動車など低炭素車両(LCEV)の税率が優遇されるようになる。

現地販売会社トヨタ・アストラ・モーター(TAM)と、製造子会社トヨタ・モーター・マニュファクチャリング・インドネシア(TMMIN)が共同で発表した。

現地生産に先立ち、今年はHVのラインアップ拡充、プラグインハイブリッド電気自動車(PHEV)やバッテリーEV(BEV)の開発も進める。

トヨタはこれまでにインドネシアで、高級多目的車(MPV)「アルファード」、中型セダン「カムリ」、小型スポーツタイプ多目的車(SUV)「C―HR」などのHVモデルを輸入販売している。

トヨタ関係者は5日、アイルランガ調整相(経済担当)と電動車の開発に関して話し合った。アイルランガ氏は産業相だった昨年6月末、トヨタグループがEVなどの開発費を含めて28兆3,000億ルピア(約2,100億円)をインドネシアに投じる計画だと明らかにしていた。

トヨタは2022年にインドネシアでHVの生産を始める(NNA撮影)

トヨタは2022年にインドネシアでHVの生産を始める(NNA撮影)


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

デルタ株対策の入国禁止、15日まで延長(07/30)

エネ鉱省、不正横行で石炭採掘地の検査強化(07/30)

自動運転車、高速道で5年以内に試験実施(07/30)

現代自がLGと合弁工場設立 インドネシアでEV電池生産へ(07/30)

上半期の再エネ投資11億ドル 25年に23%達成へ法整備(07/30)

ユニ・チャーム、シェア伸ばして首位維持(07/30)

首都、従業員の出社にワクチン接種義務付け(07/30)

アストラ上期、自動車需要回復で2桁増収(07/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン