新型肺炎が電子商取引に影響 中国から発送に支障、需要拡大も

新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の感染拡大の影響が、マレーシアの電子商取引(EC)に出始めている。外出自粛ムードが広がる中、食品や洗剤などの消費財を中心に売り上げが伸びている一方、中国本土の出店者からの発送が遅れている。大手ECサイト運営会社は、中…

関連国・地域: 中国マレーシア
関連業種: 食品・飲料IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

7月新車販売、上位は急回復 首位プロドゥアは単月で今年最多(08/07)

タンチョン、越で日産2車種の販売終了へ(08/07)

日本電気硝子、医薬用管ガラスの生産増強(08/07)

RM1=25.2円、$1=4.19RM(6日)(08/07)

外国人労働者数把握で特別委、首相指示(08/07)

外国人の不法滞在、反則金徴収へ(08/07)

リサイクル率、25年までに40%目標(08/07)

東海岸をラテックス生産地帯に、ゴム委計画(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン