• 印刷する

米BPO大手、年内に6千人を新規雇用へ

ビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)大手の米コンセントリクスは、フィリピンで年内に最大6,000人を新規雇用する計画だ。現地法人コンセントリクス・フィリピンのステファン・ダウスト上級副社長が3日、首都圏マカティ市に開設した新拠点の開業記者会見で明らかにした。4日付ビジネスミラーなどが伝えた。

コンセントリクスは顧客管理サービスで知られるBPO企業で、40カ国以上で事業展開する。フィリピンは同社にとって最大の事業拠点で、9万人のフィリピン人が45拠点で働き、同国最大の雇用主になっているという。需要増大を見込み、新たに5,000~6,000人を雇用する予定だ。

同日に開業したマカティ市の新拠点は、複合施設「アヤラ・ノース・エクスチェンジ」内にあり、床面積は2万4,000平方メートル。従業員は約3,000人に上る。営業、顧客サービス、技術サポート拠点、バックオフィスとして機能する。


関連国・地域: フィリピン米国
関連業種: サービス雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染新たに3379人、計12万2754人(11:30)

コロナ感染新たに4226人、計12万6885人(11:39)

GDP16.5%減、過去最悪 4~6月、「景気後退」入り(08/07)

今年のGDP5.5%減に、政府予測(08/07)

比のコロナ感染者、東南ア最多に(08/07)

コロナ感染新たに3561人、計11万9460人(08/07)

フィリピンが破棄、コメ15万トンの輸入合意(08/07)

コロナ対策法案第2弾、下院の第2読会通過(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン