• 印刷する

1月の香港旅客数、日本からは6割超減

香港政府観光局(HKTB)は2月28日、1月に香港を訪れた旅客数が前年同月比52.7%減の延べ約320万7,802人に落ち込んだと発表した。マイナスは7カ月連続で、減少幅は前月(51.5%減)から1.2ポイント拡大した。日本からは62.2%減の4万2,592人にとどまり、減少幅は前月(59.6%減)から2.6ポイント拡大。6カ月連続のマイナスとなった。

市場別で旅客数が最多の中国本土からは54.2%減の253万6,768人(全体の約79%)。7カ月連続で前年同月を割り込み、減少幅は前月(53.2%減)から1.0ポイント拡大した。

本土を除く主要近隣国・地域は53.3%減の37万5,763人。このうち、韓国(77.7%減の3万5,908人)、タイ(68.9%減の1万6,311人)、シンガポール(60.3%減の1万9,101人)からが6割を超える落ち込みを記録した。

本土に次いで旅客数が多い台湾は46.0%減の8万6,297人。次に多いマカオは29.5%減の8万560人となった。このほか、マレーシアが56.5%減の1万7,381人、インドネシアが47.5%減の1万9,969人、フィリピンが27.5%減の4万9,701人だった。

遠距離客は32.5%減の25万6,781人となり、減少幅は前月(31.3%減)から1.2ポイント拡大した。米国からは35.0%減の6万8,025人。オーストラリア(35.5%減の3万9,915人)や英国(28.4%減の3万3,298人)、カナダ(32.0%減の2万1,514人)なども約3割の落ち込みとなった

高額消費が見込める宿泊客は57.8%減の115万3,538人だった。主力の本土からは59.3%減の79万1,947人。日本からは74.1%減の1万8,852人だった。日帰り客は49.3%減の205万4,264人。本土からは51.5%減の174万4,821人、日本からは40.2%減の2万3,740人だった。


関連国・地域: 香港日本
関連業種: 医療・医薬品観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

観光局、販促に11.4億HKドル 大湾区一体型PR打ち出す(03/05)

香港を経済自由度評価対象から除外、米財団(03/05)

ぜいたく品市場、コロナ収束後も回復困難(03/05)

新たに9人感染、域内で6人=1万1055人(03/05)

急反落、米金利再上昇を警戒=香港株式(03/05)

債券通南向き、人民銀と準備中=金管局総裁(03/05)

MPF運用利回り、2月は0.47%(03/05)

中銀香港、環境配慮型融資の手数料を減免(03/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン