• 印刷する

東南アジア企業の売却案件、ベトナムが最多

東南アジア特化型の統合・買収(M&A)マッチングプラットフォーム運営のDoMandA(ドマンダ)は2月28日、同社が入手した東南アジア地域企業の売却案件数の分析結果を発表した。過去1年間で、ベトナムの構成割合が5割近くで最も多かった。

各国・地域の案件数のシェアは、ベトナムが47.0%と最多で、シンガポール(41.9%)を上回った。以下、インドネシア(3.4%)、バングラデシュとマレーシア(それぞれ2.6%)、香港(1.7%)、カンボジア(0.9%)と続いた。

ドマンダの松本浩伸社長はNNAに対し、「ベトナム企業の人気の高まりと、売り時と考える同国の企業が増えたことが要因と実感している」と説明した。同社が主に取り扱う取引額30億円未満の案件は、オーナー企業やファミリー企業が多く、横のつながりが強い。売り手側のアドバイザーが売却案件を成立させると、紹介で他社からの依頼が発生し、「売却の連鎖」を生んでいる。

松本氏はシンガポールを拠点に実務に携わっており、「日本企業がベトナム企業を買収する環境が整ってきた」という肌感覚がある。かつてはベトナムのM&A案件はハイリスク・ハイリターンと考えられていたが、日本企業の知見がたまり、専門家が増えてきたとの見方を示した。

業種別では、東南アジア地域全体でプラスチック部品やステンレス板、原紙、プリント基板などの「製造」が20.5%で最も多く、「食品・飲料」(17.9%)、「サービス」(9.4%)が続いた。ベトナムもトップ3が同様で、それぞれ23.6%、20.0%、12.7%。シンガポールでは「食品・飲料」(16.3%)、「製造」(12.2%)、「建物管理」(10.2%)の順で多かった。

松本氏は「ベトナムは製造や食品・飲料系の企業が多い」と指摘。シンガポールでは地代や人件費が比較的高く、両業種への投資は高利益率なセグメントなどに限定される。シンガポールでは、ディストリビューターを除けば、食品・飲料関連の売却案件をあまり見ないという。

ドマンダは2019年10月設立。東南アジアの事情に詳しいM&Aアドバイザーが仕入れた案件を日本企業などに紹介している。


関連国・地域: 香港ベトナムカンボジアマレーシアシンガポール日本バングラデシュASEAN
関連業種: 食品・飲料その他製造金融サービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

タイの投資、小売りで存在感 生鮮からスポーツまで幅広い業態(03/02)

市中感染8人増、61省市で学校再開(03/02)

双日、医療大手クオリタスに出資(03/02)

フォード、エベレストのスポーツモデル投入(03/02)

越航空市場の成長に大きな期待=ボーイング(03/02)

ラムドン省のバイパス、承認後12年も未完成(03/02)

ベトナム航空、バンドン路線を3日から再開(03/02)

ロンアン国際港の拡張、新埠頭など建設(03/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン