• 印刷する

プロジェクトバンクのオンラインサイト開設

ミャンマー政府は、大型事業の提案、審査、実施決定などのプロセスを一本化し、その内容を公開する取り組み「プロジェクトバンク」について、そのオンラインサイトを開設した。電子メディアのイラワジが26日伝えた。

プロジェクトバンクは、2030年までの経済発展の指針となる行動計画「ミャンマー持続可能な開発プラン(MSDP)」に沿った事業について、透明性を確保して、民間資金を呼び込む取り組み。

オンラインサイトは、「ミャンマー・プロジェクトバンク」の名称で、プロジェクトバンクに登録された事業の概要、進行状況、事業費、資金の調達計画など重要な情報が一目で分かるようになっている。事業を実施する官庁や連絡先、MSDPにおける当該事業の位置づけなども紹介されている。

事業内容は、発電所の建設、洪水対策、空港や鉄道の改修、農業開発など。現時点で58件の事業が登録され、うち実施中が36件、事前調査が7件、契約交渉中が5件などとなっている。

政府はオンラインサイトについて、官民連携(PPP)案件を促進し、民間企業がミャンマーの経済発展に寄与する機会を提供すると説明している。

MSDPは、政府が18年に発表した。ミャンマーの長期的な経済成長に向けた行動計画と位置づけられ、5分野にわたる238の項目で構成。具体的には、和平の実現や経済の安定、民間主導の成長、人材開発などを目標に掲げている。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 建設・不動産IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

感染者の家族4人陽性、計20人に=3日朝(04/03)

欧州企業、6割以上が打撃 コロナ影響で収益性が悪化(04/03)

【BOPビジネス解剖】走り出した政府との電力事業 起業家の挑戦(下)電化100%へ(04/03)

感染16人に、新たに63歳女性=2日正午(04/03)

総人口は5458万人に=労働省統計(04/03)

携帯データ通信量、過去ひと月で25%増加(04/03)

3月PMIは低下、下落幅は東南アで最小(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン