• 印刷する

テイクオフ:肺炎を引き起こす新型コ…

肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、中国湖北省武漢市から帰国したインド人約650人のほぼ全員が、検査で陰性だったというニュースが一部で話題となった。ネット上では「カレーのスパイスが感染を防いだ」とまことしやかにささやかれている。

ところで、こちらは数日前からのどの痛みや鼻づまりに悩まされている。熱こそないが、少し倦怠(けんたい)感もある。不安が募る中、先の話題を思い出し、近所のインド料理店からチキンカレーを宅配してもらった。

しかしこの話には続きがあった。専門家によると「カレーに使われるスパイスは中国でも日常的に使われている」そうで、帰国者が陰性だったのは「手食文化のインドでは、食事の前に必ず手を洗うから」との見方もあるらしい。カレーで心なしか体調が良くなった気がしていたが、結局はまず手洗いから、という結論に落ち着いた。(の)


関連国・地域: 中国インド日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

外国人内定者向け日本語合宿、マレーシアで(17:15)

テイクオフ:チェ・ゲバラは医学生時…(04/07)

8割の日系事業に支障 全土封鎖、資金繰りに厳しさ(04/07)

横井定、マスク200万枚増産を計画(04/07)

トヨタ新車販売、3月は15.9%減の10.2万台(04/07)

ニトリが増収増益を予想、21年2月期(04/07)

ホンダ新車販売、3月は50.8%減の6万台(04/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン