最初の発症者、市場行かず=武漢

【北京共同】新型肺炎が最初に確認された中国湖北省武漢市当局は26日、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」を通じ、記録上最初に発症が確認された患者が、発生源とみられている海鮮市場に行ったことがないと話していると明かした。中国メディアが伝えた。 昨年12月8日に発症し、…

関連国・地域: 中国-湖北
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

新都市開発「仕切り直し」 ヤンゴン、連邦政府が入札へ(08/04)

HSBC、中間期は77%減益 香港も2割減、信用損失急増(08/04)

テイクオフ:広州ではここ数年で高級…(08/04)

スタンチャート、香港事業上期は2割減益(08/04)

主要石炭企業の利益3割減 コロナが影響、下半期は復調期待(08/04)

台湾企業、iPhone生産ラインをインド移設か(08/04)

中老鉄路、線路の敷設21.4%が完了(08/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン