郵便POS、19年4Qは過去最大の赤字

マレーシアの郵便・物流事業者ポス・マレーシア(POS)が発表した2019年第4四半期(10~12月)決算は、純損失が1億7,114万リンギ(約44億6,900万円)となり、前年同期の同1,302万リンギから13.1倍に拡大した。四半期ベースで過去最大の赤字となった。 純損は6四半期連続とな…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 運輸IT・通信サービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

20年の東南アジア成長率1.0%、ADB予測(04/03)

主要港・国境の貨物輸送、4~7日のみ許可(04/03)

活動制限令でネット販売強化 住宅や車も、スーパーは需要急増(04/03)

日用品買い出し、10キロ圏内に制限(04/03)

RM1=24.6円、$1=4.36RM(2日)(04/03)

新規感染208人、累計3千人突破(04/03)

5G商用サービス提供、郵政省が5社承認(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン