• 印刷する

国営石油ペトロナス、19年通期は27%減益

19年12月期決算を発表したペトロナスのワン・ズルキフリ社長(中央)ら=26日、クアラルンプール(NNA撮影)

19年12月期決算を発表したペトロナスのワン・ズルキフリ社長(中央)ら=26日、クアラルンプール(NNA撮影)

マレーシアの国営石油ペトロナスが26日発表した2019年12月期決算は、売上高が前期比4.3%減の2,402億6,300万リンギ(約6兆2,880億円)、純利益が26.8%減の404億7,200万リンギだった。コモディティー価格とマージンの低迷が響いた。政府への配当金は240億リンギで、19年に300億リンギだった特別配当はなし。

通貨リンギの対米ドル相場の低下を受け、石油製品と液化天然ガス(LNG)を中心に販売量は増えたものの、価格低迷で売り上げは減少した。

上流部門の国内外の持ち分生産量は前期比1.9%増の日量240万6,000石油換算バレル(BOE)。LNGの生産量は5.0%増の2,810万トン、販売量は5.9%増の3,060万トンだった。下流部門の販売量は、石油製品が2%増の2億5,880万バレル、原油が6%減の1億3,370万バレル、石油化学製品が横ばいの840万トンだった。

19年第4四半期(10~12月)は、売上高が前年同期比8.4%減の640億3,600万リンギ、純利益が71.3%減の41億1,000万リンギだった。

ペトロナスのワン・ズルキフリ・ワン・アリフィン社長兼グループ最高経営責任者(CEO)は会見で、地政学上の不安定さや保護貿易主義の台頭で、昨年は厳しい事業環境だったと説明。今年については、新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の感染拡大で先行きが見えない上、過剰供給市場で予想以上に需要が弱いと指摘し、厳しい環境が続くとの見通しを示した。

ペトロナスは、今年の設備投資額を前年並みの478億リンギと計画。中国でのLNG需要低迷などを受け、19年は全体の52%を占めた国内向けを10%増やし280億リンギに引き上げる方針だ。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

活動制限令の強化、国民の96%が支持(15:05)

活動制限令、さらに2週間の段階的解除必要(13:56)

日本人商工会、新事務局長に田中氏(12:50)

テイクオフ:数学の難問「ABC予想…(04/06)

20年成長率はマイナス2%も けん引役の民間消費も失速、中銀(04/06)

FDI純流入額の減少は成長のリスク=中銀(04/06)

感染者114人に、医療品の在庫十分(04/06)

2月輸出は12%増、3月以降は低迷確実か(04/06)

感染3662人に、回復者は1千人突破(04/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン