• 印刷する

台湾の美隆工業、中国工場をスバン県に移転

インドネシア産業省によると、台湾のスピーカー製造、美隆工業が中国の江蘇省蘇州市にある工場を西ジャワ州スバン県の工業団地に移転する計画だ。初期投資として2,150万米ドル(約23億7,400万円)を準備している。26日付ビスニス・インドネシアが伝えた。

産業省金属・機械・輸送機器・電子機器(ILMATE)局のジャヌ電子・テレマティクス産業課長は「美隆工業が中国工場の生産機械を搬入するために許可申請をしてきた。工場の敷地面積として10ヘクタールを取得する」と述べた。工場移転後は、オーディオ部品を2021年までに41万個、22~23年に50万個、24~25年に60万個生産する計画だ。

ジャヌ課長は電気機器産業の業績について「部品を輸入に頼っているため低迷している。18年に12兆ルピア(約957億4,700万円)だった電気機器産業の投資実現額は、19年に6兆ルピアに半減した」とし、国内で部品を製造する美隆工業の投資計画を歓迎した。


関連国・地域: 中国台湾インドネシア
関連業種: 電機

その他記事

すべての文頭を開く

【BOPビジネス解剖】走り出した政府との電力事業 起業家の挑戦(下)電化100%へ(04/03)

新型コロナ流行、防犯意識も 経済悪化で生活一変、モラル低下(04/03)

ホンダ、13日から2週間生産を停止(04/03)

ヤマハ現法、今日から工場操業を一時停止(04/03)

2月新車販売確定値3%減、小売りは5%減(04/03)

コロナで4人目の死者、インドネシア人(04/03)

3月PMIは低下、下落幅は東南アで最小(04/03)

レバラン休暇変更も検討、帰省の大移動抑制(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン