ブラックモアズ減益、3年以内に黒字回復へ

オーストラリアのビタミン剤最大手ブラックモアズが、3年以内の黒字化を計画している。国内事業への再注力や、インドネシアやインドの市場に合わせた商品開発を進めるという。一方同社の2019/20年度上半期(19年7~12月)の純利益は1,820万豪ドル(約13億2,480万円)と前年同期…

関連国・地域: 中国オーストラリア
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ニューサウスウェールズ…(04/06)

豪NZ新車販売、大打撃 消費者買い控えで3月は2桁減(04/06)

豪トヨタ、地場車関連ソフトウエア企を買収(04/06)

全日空、13日から羽田―シドニーを減便(04/06)

トラック輸送に大きな負担、食品需要急増で(04/06)

豪の化粧品販売が大幅減、在宅勤務増で(04/06)

オーストラリア、ベトナム製鋼管にAD調査(04/06)

豪2月小売売上高好調も、今後減少傾向か(04/06)

豪政府、商業不動産のテナント救済策を検討(04/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン