経過観察違反で19者を処分 肺炎対策、労働ビザ剥奪6人

シンガポールの人材開発省(MOM)は、新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の対策措置に違反した外国人就労者や企業に対する罰則を強化している。対象者が自宅での経過観察が求められる期間中に外出したり、企業が出勤させようとしたりしたためだ。24日には、10人と9…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

不動産税のテナントへの返還義務化、財務省(18:30)

外国人の単純労働者、当局が転職支援強化(18:30)

3月PMIは低下、下落幅は東南アで最小(19:06)

コロナで4人目の死者、インドネシア人(18:30)

中小小売業のEC促進、初期費用9割負担で(18:30)

テイクオフ:10年以上前にシンガポ…(04/02)

共用オフィス、利用者が増加 新型コロナ下のテレワーク推奨で(04/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン