• 印刷する

テイクオフ:米国の影響力をやゆして…

米国の影響力をやゆして「米国がくしゃみをすると日本が風邪をひく」とかつて言われたが、今や中国発の新型肺炎が世界を脅かす時代となった。健康被害にとどまらず、世界経済への打撃も深刻化している。

タイでは25日時点で新たに2人の感染者が確認され、累計感染者は37人。保健省は日本などからの旅行者に14日間は外出しないよう要請。事実上の旅行者の受け入れ停止となっている。また、新型肺炎を「危険伝染病」に指定し、より強制的な措置が取れるようにした。

一方で、新型肺炎に関する報道を見る限り、日本の封じ込め施策は完全に後手に回っていると言わざるを得ない。4月ごろには新型肺炎の流行が終息するとの予測がある。だが、発生源をはじめ、いまだに分かっていないことも多く、最悪の事態も想定する必要がありそうだ。東京五輪の開催にも不安がよぎる。(須)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「最前線に立つ人」を意…(04/07)

【中進国の罠】人口ボーナスに強みとリスク インドネシア、世界5位の経済国へ(04/07)

経済対策の第3弾、低利融資など5.6兆円規模(04/07)

新規感染51人、前日から半減(6日)(04/07)

タイ行きの航空機の運航禁止、18日まで延長(04/07)

内務省、各知事にコロナ対策強化の準備指示(04/07)

保健省、全国のホテル1.6万室を隔離に利用(04/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン