• 印刷する

テイクオフ:新型肺炎拡大の影響が各…

新型肺炎拡大の影響が各方面に波及している。教育分野も例外ではない。当地の大学では、毎年恒例のイベントが大幅な変更を余儀なくされている。

シンガポール国立大学(NUS)や南洋理工大学(NTU)、シンガポール経営大学(SMU)では2~3月にかけて、オープンハウス(受験生が大学を見学するイベント)や学生向けの就職フェアを実施する予定だった。しかし新型肺炎の影響で、3校ともこうしたイベントをオンライン上だけで開催することを決めた。ライブ配信で学部を紹介したり、サイトに企業ブースを設けて学生と会社の担当者が会話したりできるようにした。

3校がサイト上だけでオープンハウスを開催するのは初めて。大学を見学できなくてかわいそうと思うのは古い世代だけで、デジタル化に慣れている若者は、むしろ簡単に大学を知ることができると楽観的に捉えているかもしれない。(雪)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

不動産税のテナントへの返還義務化、財務省(18:30)

外国人の単純労働者、当局が転職支援強化(18:30)

3月PMIは低下、下落幅は東南アで最小(19:06)

コロナで4人目の死者、インドネシア人(18:30)

中小小売業のEC促進、初期費用9割負担で(18:30)

テイクオフ:10年以上前にシンガポ…(04/02)

共用オフィス、利用者が増加 新型コロナ下のテレワーク推奨で(04/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン