• 印刷する

予算案、全要求には応えられず=財政長官

香港政府の陳茂波(ポール・チャン)財政長官は23日の公式ブログで、2020/21年度(20年4月~21年3月)政府予算案について、多くの市民や各界からの提案を取り入れたとする一方、政府の資源には限界があり、「全ての人の要求に応えることはできない」と理解を求めた。

陳氏は予算案について「いくつかの厳しい局面を経てまとまった」と説明。米中貿易摩擦による輸出の落ち込み、「逃亡犯条例」改正案をきっかけとする社会混乱、今度の新型肺炎の流行で自身も心が落ち着かないとしながらも、こうした厳冬下の政策運営は「企業を支え、雇用を保障し、市場が将来の回復に信頼を持ち続けることが重要なカギになる」と強調した。

陳氏のブログについては、来年度予算案の編成にあたって立法会(議会)の一部から要望が出ていた全市民への現金支給案を見送ったことへの釈明と受け止める見方もあった。

24日付信報によると、香港中文大の荘太量(テレンス・チョン)経済学部准教授は、「陳氏のブログは全市民への現金支給は困難だと示唆している」と分析。来年度予算案は、個人事業主や高齢者・低所得世帯、個別の業種への支援が中心になるのではないかとの見方を示した。


関連国・地域: 香港
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ17人の感染を確認、累計は862人(17:11)

新型コロナ感染者新たに43人、累計845人に(17:57)

就職氷河期、大学生に試練 採用活動、延期・中止相次ぐ(04/03)

新型コロナ感染者37人確認、累計は802人に(04/03)

銀行への配当凍結要請、金融管理局が否定(04/03)

政府が基金で外食産業支援を約束、議員説明(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン