新型肺炎での労務と会社責任 上海や広東の状況、専門家が解説

中国での新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)で春節(旧正月)明けの操業開始が遅れていた現地日系企業も、業務を正常化させる動きが本格化してきた。今後は延期された休業期間中の賃金計算といった労務、また社内で感染者が出た場合の対応などが重要になってくる。中国…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

【業界探訪】越と印を主力生産拠点に 東元電機の邱純枝董事長に聞く(04/10)

ニイヌマ、LEDで街照らす 日越連携で生ごみ処理機も展開(04/10)

ロシア国境に野戦病院を建設 輸入感染が急増、陸路国境は閉鎖(04/10)

新排ガス基準「国6」、全面導入を延期(04/10)

中国人がコロナ後に訪れたい国、タイは2位(04/10)

コロナ解雇、ホワイトカラーの5割が懸念(04/10)

オンライン職業訓練、500万人に無料で(04/10)

創王光電、浙江省に合弁会社設立へ(04/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン