眼鏡型端末で遠隔作業、中国工場休止の企業検討

【共同】新型コロナウイルスによる感染拡大に伴い遠隔技術の導入を検討する企業が増えている。中国ソフトウエア開発大手の子会社、ハイシンク創研(京都市)は眼鏡型端末「スマートグラス」を使った工場向け作業支援サービスを2月に提供し始めたところ、中国で工場を休止した日本…

関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 電機IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

活動制限令の反則金徴収開始、外国人は逮捕(16:05)

テイクオフ:シンガポールでは新型コ…(04/09)

3月輸出は前年比で小幅減に 前月から1割増、電子部品下支え(04/09)

「解雇は違法」の規制要求 減給容認も撤回を、最大労組(04/09)

パナ、5府県30工場の一時停止検討(04/09)

〔寄り道〕桜は当地でも憧れの花。アパート…(04/09)

製造各社、在宅勤務拡大で生産維持(04/09)

完成車各社が不可抗力宣言、部品業界に影響(04/09)

住商、コロナで1千億円程度減益も(04/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン