眼鏡型端末で遠隔作業、中国工場休止の企業検討

【共同】新型コロナウイルスによる感染拡大に伴い遠隔技術の導入を検討する企業が増えている。中国ソフトウエア開発大手の子会社、ハイシンク創研(京都市)は眼鏡型端末「スマートグラス」を使った工場向け作業支援サービスを2月に提供し始めたところ、中国で工場を休止した日本…

関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 電機IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルス感染…(08/04)

新都市開発「仕切り直し」 ヤンゴン、連邦政府が入札へ(08/04)

ニッコー、コロナ禍中の挑戦 北部ハイフォンでホテル運営開始(08/04)

テイクオフ:広州ではここ数年で高級…(08/04)

ココイチが1号店オープン 日本の味提供、外食の回復見据え(08/04)

パナ、マレーシアの太陽電池工場の売却中止(08/04)

スズキ9割減益、インド四輪減速(08/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン