• 印刷する

1月の訪日韓国人6割減、底入れ見通せず

日本政府観光局(JNTO)が19日発表した訪日外国人旅行客の統計によると、2020年1月に日本を訪れた韓国人客数は前年同月比59.4%減の31万6,800人(推計値)だった。日韓関係が悪化した7月以降、7カ月連続で悪化している。

JNTOは「昨年は2月だった旧正月連休が今年は1月となり旅行需要が増える時期が前倒しされたものの、日韓関係の悪化などの影響で訪日旅行を控える動きが広がった」と説明した。2月以降は、新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の感染拡大で、減少幅がさらに広がることが予想される。

1月の訪日外国人旅行客の総数は、前年同月比1.1%減の266万1,000人と、4カ月連続のマイナス。他国からの観光客数は伸びたが、韓国人客の急減を補うには力不足だった。


関連国・地域: 韓国日本
関連業種: 運輸観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

現代自の米国販売4割急減 海外で軒並み苦戦、国内は善戦(04/03)

自動車各社が対コロナに支援 人工呼吸器など、医療製品確保で(04/03)

新型コロナ感染者9976人、死者は169人に(04/03)

3月のCPI、3カ月連続で1%超え(04/03)

アシアナ売却難航、目標の6月過ぎる恐れも(04/03)

現代自生産のTCが工場停止、15日まで(04/03)

イースター航空、新型コロナで希望退職実施(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン