異例の労使協議、トヨタ社長「手応えない」

【共同】トヨタ自動車は19日、2020年春闘の第1回労使協議会を愛知県豊田市の本社で開いた。会合は、経営側と労働組合が正対する通常の配置ではなく、非組合員の管理職も前面に出し、豊田章男社長と副社長、労働組合の3者が向き合う三角形の形式で行われた。豊田氏が、労組側では…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

日系75%が上半期に減収予測 コロナ禍、昇給率見直しへ(06/05)

テイクオフ:作家の三島由紀夫が住ん…(06/05)

日印連携、コロナで加速期待 投資誘致し製造・輸出ハブへ(06/05)

ニコン、タイ・ラオス工場で計700人削減(06/05)

豪とNZ、7月に空路再開か 当初は首都間限定、難局も(06/05)

台塑生医、コロナ検査キットを開発(06/05)

トヨタ、新型「フォーチュナー」など発表(06/05)

日鉄エンジ、廃棄物発電に向けた調査を実施(06/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン