【カンボジア経済通信】特恵関税問題と新型肺炎が重荷に 第354回

国際通貨基金(IMF)は、2019年12月にカンボジア経済に関する報告書を発表した。20年のカンボジア経済の好調を予測している。一方、カンボジアの強権的な政治姿勢に関連して、欧州連合(EU)の特恵関税制度の一部資格停止が決まったことに加え、中国で発生した新型コロナウ…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 医療・医薬品繊維農林・水産金融建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

クメール正月の祝日延期に、コロナ対策で(15:39)

GDP予測を2.3%に下方修正=ア開銀(04/07)

世界銀行、新型コロナ対策に2千万ドル融資(04/07)

SME銀行が営業開始、最大30万ドルを融資(04/07)

魚の輸出停止、新型コロナで食料備蓄へ(04/07)

正月期間中の大規模集会禁止、監視強化へ(04/07)

観光ビザを自動延長、1月1日以降入国で(04/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン