• 印刷する

アップル製品、新型肺炎で早くも品薄に

米アップルのスマートフォンの一部の機種やカラーが、インドで品薄になっている。新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の流行で、サプライチェーンに支障が出ていることが原因。情報筋によると、インド国内への部品や完成品の供給は「3週間止まっている」という。タイムズ・オブ・インディア(電子版)が19日に伝えた。

アップルは、一部の機種をインド生産しているものの、多くは中国からの輸入に頼っている。新型肺炎の流行で中国工場の生産が停止または縮小しているほか、物流網にも影響が出ているため、輸入ができていない状態だ。

情報筋によると、小売店では一部の機種や特定のカラーが入手しづらくなっている。国内生産機種の部品も、不足し始めた。

米調査会社IDCのナブケンダル・シン氏は「中国の生産が2月末または3月頭までに50%まで回復しない場合、品薄や品切れが生じる懸念が高まる」と語っている。


関連国・地域: 中国インド米国
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

中国国境での輸出がまた減少 3月末は2割減、タイ国境は活況(04/09)

テイクオフ:シンガポールのリー・シ…(04/09)

パキスタン封鎖で日系に打撃 14日まで2週間、車工場など停止(04/09)

完成車各社が不可抗力宣言、部品業界に影響(04/09)

二輪車販売、本年度は最大13%減=ICRA(04/09)

シュコダ、販売店の固定費を3カ月肩代わり(04/09)

フォード、医療用フェースシールド生産(04/09)

仏PSA、シトロエンのSUV発売を延期(04/09)

配車オラ、南部で通院限定の新サービス(04/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン