台湾企業の中国工場が生産再開、昆山は5割

台湾企業が、新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の影響で停止していた中国工場の春節(旧正月)明けの稼働を相次ぎ再開している。このうち、台湾企業が多く進出する江蘇省昆山市では、全体の5割近くが生産を再開した。18日付聯合報などが伝えた。 台湾の大手企業が集…

関連国・地域: 中国台湾
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

入国拒否73カ国・地域、全入国者に待機要請(04/02)

海外でマスク生産検討、シャープ(04/02)

電源設備デルタ、インドと越に子会社設立(04/02)

工業富聯の19年通期、10%増益(04/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン