• 印刷する

大気汚染物質の観測衛星打ち上げ、世界初

韓国政府は、韓国航空宇宙研究院などが開発した「千里眼2B号」が19日、打ち上げられたと発表した。微小粒子状物質「PM2.5」などの大気汚染物質を観測できる世界初の観測衛星となる。

千里眼2B号は、南米・仏領ギアナのギアナ宇宙センターから打ち上げられた。朝鮮半島の上空約3万6,000キロの静止軌道から大気汚染を観測する。

千里眼2B号は、韓国航空宇宙研究院や韓国海洋科学技術院、韓国航空宇宙産業が米国やフランスなどの企業と共同で開発した。韓国政府は、同衛星で水質悪化の原因となる赤潮の分布状況などを観測して海洋環境の保全にも取り組む考えだ。


関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

上期の「専利」出願が4%減 コロナ響く、TSMCの首位継続(08/07)

サムスン旗艦機で首位奪還へ ノート20公開、MSとゲーム協業(08/07)

新型コロナ感染者、43人増の1万4499人(08/07)

7月の輸入車販売、5カ月ぶり2万台下回る(08/07)

大韓航空が2Q黒字転換、貨物好調が奏功(08/07)

HDC、アシアナ側の「再査定拒否」に遺憾(08/07)

LCCジンエアーが増資へ、生き残り模索(08/07)

LCC済州航空、上期売上高62%減少(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン