リオが鉄鉱石減産見通し、競合2社に恩恵か

英豪系資源大手リオ・ティントがこのほど、サイクロンの影響で、西オーストラリア(WA)州からの今年の鉄鉱石出荷量が3億2,400万~3億3,400万トンと、当初予想の3億3,300万~3億4,300万トンから減少する見通しを明らかにした。ブラジルの世界大手ヴァーレも減産を明らかにし…

関連国・地域: 中国オーストラリア中南米
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

【BOPビジネス解剖】走り出した政府との電力事業 起業家の挑戦(下)電化100%へ(04/03)

テイクオフ:住宅街で声をかけられた…(04/03)

パンデミック休暇制導入へ 豪労使裁定委、非正規にも適用(04/03)

日本、豪NZからの全入国者に感染検査実施(04/03)

NSWの社会的距離6月まで、各州入境拒否も(04/03)

政府の渡航禁止無視!1.6万人が出国(04/03)

政府、必需産業従事者のチャイルドケア無料に(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン