• 印刷する

REIT市場育成へ、税優遇25年維持を

フィリピンでは不動産投資信託(REIT)関連法の改正に伴いREIT市場の活性化が見込まれているが、業界からは政府に積極的な市場育成策を望む声が上がっている。マニラタイムズが18日伝えた。

1月の法改正により、企業などは保有する不動産を無税でREITに移管することが可能になった。地場の不動産コンサルタント会社プロノーブ・タイ・アンド・アソシエーツ・フィリピンは「政府は税制優遇措置を少なくとも25年は維持する必要がある」と主張する。

信頼できる合理的な不動産評価制度がないのは問題だとも指摘。包括的税制改革(CTRP)の第3弾となる不動産査定評価改革法案の早期可決を訴えている。同法案は全ての不動産について、所在地の実勢価格に基づいた査定評価の実施を定めたもので、昨年11月に下院を通過した。

プロノーブはこのほか、不動産管理者の資格認定や監査に関する要件の厳格化を求めている。

REIT関連法は2009年に施行されたが、施行細則の条件が厳しく、これまでに1件も上場がなかった。法改正を受け、財閥アヤラ・コーポレーション傘下のアヤラ・ランドやダブルドラゴン・プロパティーズなどの不動産開発会社がREIT上場に向けて準備している。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 金融建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

首都圏などの外出制限、6月1日から緩和(05/29)

【新型コロナアンケート】コロナで「上期は減収」8割 アジア日系企業、インドは97%に(05/29)

コロナ感染新たに539人、過去最多を更新(05/29)

双日車販社、吉利のSUV「アズカラ」投入(05/29)

配車グラブが衛生基準導入、運行再開へ準備(05/29)

貿産省、中国から生産移管の135社と交渉(05/29)

LRT2号線の東延伸、予定通り年末完工へ(05/29)

コロナ後の経営戦略、複数シナリオを(05/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン