• 印刷する

配車グラブと欧州社、空飛ぶタクシーで提携

グラブとボロコプターは「空飛ぶタクシー」の実行可能性調査で提携した(ボロコプター提供)

グラブとボロコプターは「空飛ぶタクシー」の実行可能性調査で提携した(ボロコプター提供)

シンガポールの配車サービス大手グラブは、「空飛ぶタクシー」を開発するドイツの新興企業ボロコプターと提携し、東南アジアの都市における空飛ぶタクシーの実行可能性調査を共同で実施する。

覚書に基づき、空飛ぶタクシーを運航する都市、ルート、最適な運用方法などについて検討する。将来的には2社共同で商用サービスを提供することも視野に入れている。ボロコプターが18日に発表した声明で明らかになった。

ボロコプターのフロリアン・ロイター最高経営責任者(CEO)は「グラブとの提携は、東南アジアという世界で最も混雑した交通事情を持つ地域において、『空飛ぶクルマ』の商用化を進める上での新たな重要なステップだ」と述べた。


関連国・地域: シンガポール欧州
関連業種: 自動車・二輪車電機運輸

その他記事

すべての文頭を開く

内国歳入庁、納税期限など延長(18:09)

1~3月の営業停止、新型コロナで8割増(17:22)

グロウシックス、海外初拠点(16:35)

テイクオフ:在宅勤務や休校措置、外…(04/06)

職場・学校を1カ月閉鎖 今週から、市中感染抑制へ(04/06)

景気悪化の加速懸念、事業所閉鎖措置で(04/06)

「外出時にマスク着用を」=首相が呼び掛け(04/06)

ホテル隔離措置、東南アジアなども対象に(04/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン