• 印刷する

シンガポール航空、新型肺炎で40都市を減便

シンガポール航空(SIA)は18日、3~5月の航空便を大幅に減らすと発表した。新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の流行で、旅行需要が減退しているためで、米国や日本など世界40都市行きのフライトを減便する。

傘下の短・中距離路線の子会社シルクエアーと合わせて実施する。日本便は、成田線のSQ638、SQ637と、羽田線のSQ630、SQ639で、一部の便を欠航する。

このほか、米国、欧州、韓国、台湾、東南アジア、南アジア、オセアニア、中東、アフリカの各都市の路線も減便する。

SIAグループでは既に、COVID19の感染が拡大する中国本土向けで減便措置を取っていた。世界的なフライト需要の縮小を受けて、他都市の便でも一部欠航を決めた。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 運輸観光

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染66人、計1375人(6日)(00:50)

テイクオフ:「サーキットブレーカー…(04/07)

経済支援策の第3弾を発動 職場閉鎖へ、51億Sドル拠出(04/07)

内国歳入庁、納税期限など延長(04/07)

1~3月の営業停止、新型コロナで8割増(04/07)

企業の期日内支払い、3年半ぶり低水準(04/07)

空港第2ターミナル、需要減で1年半閉鎖へ(04/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン