• 印刷する

テイクオフ:米アカデミー賞で4冠と…

米アカデミー賞で4冠となった映画「パラサイト 半地下の家族」にあやかった「商法」が、4月に総選挙を控えた韓国政界にも及んでいる。

露骨なのは、劣勢が予想される保守系野党「未来統合党」。前身の「自由韓国党」は、ポン・ジュノ監督が小学校まで過ごした大邱市の生家を復元したり、ポン監督の銅像を建立したりするなどの公約が練られているようだ。大邱市の新市役所の隣にある公園に「ポン・ジュノ映画博物館」を建設する話も浮上しているという。

同党はこのため「パラサイトの成功に『パラサイト(寄生)』」しているという批判を受けた。保守政権時代、ポン監督は政権に批判的な「芸能人ブラックリスト」に含まれていたとされるだけに、保守系野党の豹変ぶりに違和感を覚えるのもうなずける。ブームに乗るのもいいが、やり過ぎはかえって逆効果だ。(碩)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国の梅雨はまるでスコ…(08/05)

韓国車販売がやや回復 現代自の善戦で、新車が貢献(08/05)

亜洲光学、特許侵害で日本サムスンを提訴(08/05)

新型コロナ感染者、34人増の1万4423人(08/05)

サムスン、米大手2社から半導体チップ受注(08/05)

韓国EV電池3社、上半期シェア35%に(08/05)

韓国GMの正規職化、費用は最大3億ドル(08/05)

セブ港に新国際コンテナ港、21年着工へ(08/05)

韓国造船海洋、今年初のLNG運搬船受注(08/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン