覚醒剤所持で日本人男拘束、1キロ超

【プノンペン共同】カンボジア捜査当局は17日、覚醒剤メタンフェタミン約1・7キロを所持していたとして職業不詳、野中俊一容疑者(71)を拘束したと明らかにした。 野中容疑者は15日夜、プノンペン空港で不審な薬物を持っているのを発見され、メタンフェタミンと判明した。韓国…

関連国・地域: カンボジア日本
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

クメール正月の祝日延期に、コロナ対策で(15:39)

GDP予測を2.3%に下方修正=ア開銀(04/07)

世界銀行、新型コロナ対策に2千万ドル融資(04/07)

SME銀行が営業開始、最大30万ドルを融資(04/07)

魚の輸出停止、新型コロナで食料備蓄へ(04/07)

正月期間中の大規模集会禁止、監視強化へ(04/07)

観光ビザを自動延長、1月1日以降入国で(04/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン