輸出が再びマイナス成長 新型肺炎、今後の重しに

シンガポール企業庁(エンタープライズ・シンガポール)が17日に発表した2020年1月の輸出額(NODX、石油と再輸出を除く)は、前年同月比3.3%減の133億6,920万Sドル(約1兆562億円)となり、前月からマイナスに転じた。非電子製品が3カ月ぶりにマイナスに沈んだほか、電子…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

内国歳入庁、納税期限など延長(18:30)

1~3月の営業停止、新型コロナで8割増(18:30)

企業の期日内支払い、3年半ぶり低水準(18:30)

グロウシックス、海外初拠点(18:31)

テイクオフ:在宅勤務や休校措置、外…(04/06)

職場・学校を1カ月閉鎖 今週から、市中感染抑制へ(04/06)

景気悪化の加速懸念、事業所閉鎖措置で(04/06)

「外出時にマスク着用を」=首相が呼び掛け(04/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン