• 印刷する

《安全》日本が医療用品を支援、新型コロナ対策で

日本の外務省は14日、新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の感染対策支援として、カンボジアなど4カ国に医療用品を提供すると発表した。

カンボジアとフィリピンにそれぞれ防護ガウン9,360着、アルコール消毒液480点、ゴーグル540点、検査手袋2万4,400点などを、ラオスとモンゴルにそれぞれ防護ガウン4,680着、アルコール消毒液240点、ゴーグル270点、検査手袋1万2,200点などを提供する。

日本からの拠出金により、アジア欧州財団(ASEF)が備蓄する物資を支援に充てる。世界保健機関(WHO)西太平洋地域事務局と調整し、医療用品を保管しているシンガポールから各国に輸送する計画だ。


関連国・地域: カンボジアラオスフィリピン日本モンゴル
関連業種: 医療・医薬品政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

神鋼環境、リゾート施設向け浄水設備を受注(08/07)

低迷する自動車販売業界、3月比では回復(08/07)

新型コロナ、新たに3人感染で累計243人(08/07)

首都のウオーターパーク、17日開業へ(08/07)

入国の保証金減額、投資家などの要件緩和も(08/06)

全日空、成田ープノンペン線は9月も運休(08/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン