東南アIT業界への投資活況 1億ドル企業ひしめく、多様化へ

東南アジアのIT業界への投資が活況だ。シンガポールのベンチャーキャピタル(VC)、セント・ベンチャーズが発表した2019年の新規投資額は77億8,100万米ドル(約8,500億円)だった。インドネシアで18年に大規模な資金調達が相次いだ反動により全体が前年割れとなったが、ベトナ…

関連国・地域: タイベトナムマレーシアシンガポールインドネシアフィリピン日本ASEAN
関連業種: 医療・医薬品金融建設・不動産運輸IT・通信観光マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

20年の東南アジア成長率1.0%、ADB予測(04/03)

移動制限、タクシーや配車も 工場は稼働維持も増える在宅勤務(04/03)

新型コロナ、感染者は227人に(04/03)

陸海空の旅客輸送制限、国内移動も困難に(04/03)

5G商用サービス提供、郵政省が5社承認(04/03)

現代自生産のTCが工場停止、15日まで(04/03)

3月PMIは低下、下落幅は東南アで最小(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン