東南アIT業界への投資活況 1億ドル企業ひしめく、多様化へ

東南アジアのIT業界への投資が活況だ。シンガポールのベンチャーキャピタル(VC)、セント・ベンチャーズが発表した2019年の新規投資額は77億8,100万米ドル(約8,500億円)だった。インドネシアで18年に大規模な資金調達が相次いだ反動により全体が前年割れとなったが、ベトナ…

関連国・地域: タイベトナムマレーシアシンガポールインドネシアフィリピン日本ASEAN
関連業種: 医療・医薬品金融建設・不動産運輸IT・通信観光マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

入国のファストトラック導入、中越と検討へ(08/11)

【コロナを超えて】ファミマ、「質」磨き売上増 コロナで来店者減も客単価は拡大(08/11)

感染者847人、死者増加し13人に(08/11)

メコン地域の物流調査、貨物への影響軽微(08/11)

ホーチミン市、港湾インフラ料の徴収を提案(08/11)

イースタンパワー、越の風力発電2件を買収(08/11)

ベカメックスIDC、今月末にHOSE上場(08/11)

ビンズオン水道社、新株発行で資金つなぐ(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン