• 印刷する

通年の輸出額、3年ぶりマイナス成長に

シンガポールの2019年の輸出額(NODX、石油と再輸出は除く)は、前年比9%減の1,653億7,700万Sドル(約13兆円)だった。世界的な電子製品の需要減退が響き、16年以来3年ぶりのマイナス成長となった。

電子製品は23%減と18年の6%減からマイナス幅が大きく拡大した。集積回路(IC)、パソコン(PC)、ディスクメディアがいずれも2桁の減少に落ち込んだ。

非電子製品も8%増から5%減へとマイナスに沈んだ。医薬品と石油化学がいずれも15%減となったことが響いた。特殊機械も11%減と不振だった。

国・地域別でみると、輸出額上位10カ国・地域のうち、2位の米国を除く9カ国・地域で前年を下回った。最もマイナス幅が大きいのは日本向けで、29%減少した。

輸出額で首位の中国向けは1%減少。非電子製品が8%伸長した一方で、電子製品が3割減と大きく落ち込んだ。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染66人、計1375人(6日)(00:50)

テイクオフ:「サーキットブレーカー…(04/07)

経済支援策の第3弾を発動 職場閉鎖へ、51億Sドル拠出(04/07)

内国歳入庁、納税期限など延長(04/07)

1~3月の営業停止、新型コロナで8割増(04/07)

企業の期日内支払い、3年半ぶり低水準(04/07)

空港第2ターミナル、需要減で1年半閉鎖へ(04/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン