【三井住友銀行編:香港・華南ビジネス】第85回 香港政府の新型肺炎の対応について

中国本土を中心に新型コロナウイルスによる肺炎(以下、新型肺炎)が流行する中、香港政府は感染予防措置を相次いで打ち出しています。本稿では、主な対応策をまとめます。 香港政府は、新型伝染病に対して「警戒」、「深刻」、「緊急」の3段階のレベルで対応する体制をとり、今回…

関連国・地域: 中国香港マカオ
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:飲食店の料理を宅配して…(01/26)

【日本の税務】健康保険の療養費申請について(01/26)

日系企業の35%が業績改善 20年4Q、足元では回復に一服感(01/26)

大手の景況感、流行第4波で改善傾向腰折れ(01/26)

政府、香港日本人商議所などと職業研修支援(01/26)

急反発、3万超え2年半ぶり高値=香港株式(01/26)

本土出身の投資銀行員が増加、普通話需要で(01/26)

新たな感染者73人、累計1万158人(01/26)

佐敦の封鎖で7千人を強制検査、25日朝解除(01/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン