聯発科、5Gモデルでクアルコムと競争激化

米半導体大手クアルコムは11日、韓国サムスン電子が第5世代(5G)移動通信システム対応で開発したスマートフォンに、自社の5Gチップセット「スナップドラゴン865」が採用されたと発表した。5Gチップを巡っては、同じく世界大手の台湾・聯発科技(メディアテック)が相次ぎ新…

関連国・地域: 中国台湾米国
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

鴻海の3月売上高、生産回復で前月比6割増(18:35)

今年の台湾経済0.2%成長、ムーディーズ予測(18:08)

新型コロナの感染者、376人に(18:08)

テイクオフ:チェ・ゲバラは医学生時…(04/07)

上場企業純益、19年は2兆元 前年比11%減も過去3番目の多さ(04/07)

鴻海が生産ラインの人員削減へ、リスク低減(04/07)

HTCの3月売上高、過去2番目の低水準(04/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン