• 印刷する

テイクオフ:日本で猛威を振るう新型…

日本で猛威を振るう新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)。韓国では16日に5日ぶりに新しい感染者が確認されたが、感染拡大への懸念は徐々に薄れつつある。

ただ、いつどこで感染するか分からない危険ははらんでいる。特に、2015年の中東呼吸器症候群(MERS)流行の経験がある韓国の人々は、「病院に行くこと自体」にも慎重になっている。MERS流行の原因が、院内感染だったためだ。また、風邪と思って病院に行って、「新型肺炎と診断されたらどうしよう」という警戒心も強い。

今年は暖冬と言われる韓国。しかし、時々、急に冷え込む日もある。週末にはソウルに大雪が降り、今週は最高気温がマイナスになる日もあるようだ。当方も風邪を引かないよう、十分に気をつけたい。(岳)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

現代自の米国販売4割急減 海外で軒並み苦戦、国内は善戦(04/03)

自動車各社が対コロナに支援 人工呼吸器など、医療製品確保で(04/03)

新型コロナ感染者9976人、死者は169人に(04/03)

3月のCPI、3カ月連続で1%超え(04/03)

アシアナ売却難航、目標の6月過ぎる恐れも(04/03)

現代自生産のTCが工場停止、15日まで(04/03)

イースター航空、新型コロナで希望退職実施(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン