• 印刷する

工場向け人材のUT、地場同業に51%出資へ

製造業やエンジニア人材の派遣を手掛けるUTグループ(東京都品川区)は14日、ベトナムの同業2社を所有する新設会社「グリーン・スピード(GS)」の株式51%を取得すると発表した。ベトナム人を中心とする外国人技能実習生の派遣業務の拡大と、孫会社との連携による帰国後のキャリア形成につなげたい考えだ。

GSは2~3月に設立される予定だ。ベトナム国内の製造業などへの人材派遣業務を手掛ける「GS有限会社」と同業の「ホアン・ニャン(HN)有限会社」を100%所有する持ち株会社で、資本金は590億ドン(253万米ドル、約2億7,500万円)。

UTはGSの株式51%に当たる30万900株を取得する。買収額は2,569億ドン(2021年12月期までの業績連動型の取得方式で、取得額は最大3,789億ドン)で、4月中旬の譲渡実行を見込む。UTグループにとっては、唯一の海外子会社となる。

担当者によれば、UTはこれまでに日本の製造業向けに約1,000人のベトナム人技能実習生の管理代行業務を手掛けてきた。一方、GS有限会社などはベトナム国内で外資系を含む製造業への強い基盤を持つ。今後は双方のネットワークを生かし、実習生が帰国後に現地の日系製造業などに就職できるようサポートしていく。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: その他製造サービス雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

東南アが相次ぎコメ輸出規制 コロナで自国分確保、タイは卵も(04/06)

在宅勤務の給与カット難しく 労働省、給与と雇用の調整に見解(04/06)

新型コロナ感染者240人、前日から増加なし(04/06)

自動車各社の製販停止、ホンダ二輪工場も(04/06)

オンライン配車サービス、バイクも一部停止(04/06)

HCM市のマンション価格、1Qは15%下落(04/06)

マスク習慣ない欧米で激増、日韓は緩やか(04/06)

HCM市、不急の建設工事に停止要請(04/06)

オーストラリア、ベトナム製鋼管にAD調査(04/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン