• 印刷する

アバコア、合弁セメント工場に10億ペソ投資

フィリピンの投資持ち株会社、アバコア・キャピタル・ホールディングスは13日、中国系とみられるホンフイ・パイオニアSセメント・インターナショナルと合弁でセメント工場、サイロを建設すると発表した。投資額は10億ペソ(約21億7,000万円)となる。

子会社のオムニラインズ・エナジー・インターナショナル・ネットワークを通じて建設する。ホンフイ株を最大10%取得することも取締役会で決議した。

このほか、バタンガス州マビニに保有する土地をホンフイの子会社、リフトハイ・デベロップメントに2億2,500万ペソで譲渡することも決めた。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: その他製造建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:外出先から徒歩で帰宅し…(06/22)

大手財閥、従業員に接種開始 家族も対象、早期の感染抑止へ(06/22)

【日本の税務】海外赴任時の「納税管理人の届出書」(06/22)

ワクチン接種、1回目は人口の5.7%(06/22)

新型コロナ、新たに5249人感染(06/22)

接種推進策で世界が苦心、牛・アイドルに銃も(06/22)

新型コロナの変異型、新たに40人感染(06/22)

外出制限の解除、年内は可能性低く(06/22)

マニラ市、予約なし接種で一貫性なく(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン