• 印刷する

ボロブドゥール、上層階への立ち入りが禁止

インドネシア教育・文化省文化局は13日、ジャワ島中部にある世界遺産の仏教遺跡、ボロブドゥールの最上層に当たる第10層と第9層への立ち入りを禁止した。来訪者の悪質な行為が原因。来訪者数も制限する。いずれも制限期間の解除は未定。地元各ニュースサイトが同日伝えた。

同局ボロブドゥール遺跡保全課のユディ課長は「遺跡の壁を登ったり、仏塔に座ったり、落書きやたばこを押し付けて消すなど、ボロブドゥールの保全に非協力的な行動や振る舞いが見られた」と説明。いたずらの多くは上層階で発生したため、上部2層への立ち入りを禁止した。

このほか、遺跡の破壊行為や持ち運び、ごみのポイ捨てなども見られた。同遺跡には現在、年間400万人の観光客が訪れている。

ボロブドゥールに立入禁止エリアを示す立て看板が設置された(アンタラ通信)

ボロブドゥールに立入禁止エリアを示す立て看板が設置された(アンタラ通信)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

石炭ランナー、インドネシア権益の調査延長(04/10)

テイクオフ:「オンライン飲み会をや…(04/09)

【中進国の罠】タイの資本輸出、域内で攻勢 ベトナムは最大の「草刈り場」に(04/09)

10日から首都の活動制限厳格化、処罰も検討(04/09)

政府、コロナ対策費調達で3種の外国債発行(04/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン