• 印刷する

テイクオフ:オーストラリアで日本の…

オーストラリアで日本のゲームソフトの英語版を買ってみたことがある。サウンドノベルゲームで、登場人物の音声は日本語で英語の字幕が表示されるのだが、音声と字幕の内容が違いすぎて内容に集中できず、途中で止めてしまった。しかし中には意味のずれがほとんどないゲームもあり、現代が舞台だと英語の言い回しなど勉強になることも多い。

それを友人に話すと、かの有名な映画「天空の城ラピュタ」も英語の字幕が実際と違いすぎると彼は言う。終盤、悪役が主人公に決断を迫る緊迫した場面で「3分待ってやろう」という重要なセリフがあるのだが、英語の字幕ではなぜか1分になってしまっているという。さらに「40秒で支度しな」というセリフも字幕では「すぐ支度」になってしまっている。

いずれにしても気の長いと言われるオージーが翻訳したのではなさそうだが。(花坊)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オージーの友人からの何…(02/19)

豪の税制度、過去10年で悪化 キャッシュフロー課税案も(02/19)

中国軍事基地の建設疑惑、否定する報道も(02/19)

自動車5社、CEPA批准で豪に参入検討(02/19)

社員駐車場の税優遇、査定を正確に=専門家(02/19)

〔政治スポットライト〕豪仏国防相、次期潜水艦で3カ月ごと会議(02/19)

政府、給与過少払いへの罰則を強化へ(02/19)

豪政府、新型ウイルス研究に200万$支援へ(02/19)

〔政治スポットライト〕スポーツ補助金、43%は不適格=ANAO(02/19)

ウールワース、革新企へ投資で新規収益確保(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン