• 印刷する

グンゼ、プラフィルム生産工場の稼働を開始

グンゼ(大阪市)は12日、ベトナム南部ビンズオン省に建設したプラスチックフィルムの工場が今年1月6日から稼働を開始したと発表した。同社の差異化製品である収縮フィルムの市場拡大を図る。

グンゼは2019年8月、東南アジア諸国連合(ASEAN)を中心に世界で拡大する需要に対応するために新工場を設立すると発表。工場新設に先立ち、昨年7月には、新会社グンゼ・プラスティクス&エンジニアリング・オブ・ベトナムをビンズオン省のベトナム・シンガポール第2工業団地(VSIP2)に設立した。

新工場では、ペットボトルなどに使用され、加熱することで収縮するフィルム「シュリンクフィルム」を製造する。広報担当者によれば、新会社では20年度に売上高約15億円を目標にする。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 食品・飲料化学その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

20年の東南アジア成長率1.0%、ADB予測(15:20)

移動制限、タクシーや配車も 工場は稼働維持も増える在宅勤務(04/03)

新型コロナ、感染者は227人に(04/03)

陸海空の旅客輸送制限、国内移動も困難に(04/03)

5G商用サービス提供、郵政省が5社承認(04/03)

現代自生産のTCが工場停止、15日まで(04/03)

3月PMIは低下、下落幅は東南アで最小(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン