• 印刷する

スシ&モア、デリー首都圏にインド7号店

サーモンを使った「フィラデルフィア・ロール」などを販売=12日、インド・北部グルガオン(NNA撮影)

サーモンを使った「フィラデルフィア・ロール」などを販売=12日、インド・北部グルガオン(NNA撮影)

日本食の海外プロモーションなどを手掛けるラ・ディッタ(東京都港区)のインド法人、スシ・アンド・モア・インディアは15日にデリー首都圏(NCR)で、すしの宅配・テイクアウト専門店「スシ・アンド・モア」の7号店を正式開業した。スシ・アンド・モアは西部ムンバイで6店舗を運営。7店舗目でNCRに初出店した。

7号店は、北部ハリヤナ州グルガオンの大型複合施設「ツー・ホライズン・センター」に入居する高級スーパー「フード・ホール」内に設置した。イートインスペースの一画に「ショップインショップ」として出店。ベジタリアン(菜食主義者)とノンベジタリアン向けに、巻きずしやにぎりずしを販売する。「クランチー・アボガド・ロール」などベジメニューは4個250ルピー(約390円)から、「カリフォルニア・ロール」などノンベジメニューは4個300ルピーからとなっている。

スシ・アンド・モアは2011年に1号店をオープンした。昨年12月には、ムンバイのジュフ地区にあるレストランバー「バイス」内にすしカウンターとして入居する形で、6店舗目を開業したばかり。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 食品・飲料サービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドで失業問題が深刻…(07/08)

国境問題、先行きは中国次第 チノイ前駐日大使に聞く両国関係(07/08)

【月次リポート】自動車ニュース(6月) トヨタ、中国でFCV普及へ(07/08)

エアアジアの1Q決算、赤字は前期比2.1倍(07/08)

印中衝突で経済に影、日系の材料輸入支障も(07/08)

スポーツ用品各社、中国以外での生産検討(07/08)

中国企業、アプリ禁止で逸失収入1億米ドル(07/08)

LGスマホ、過去2カ月で販売台数10倍に(07/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン