• 印刷する

テイクオフ:当地に駐在の知人が憤っ…

当地に駐在の知人が憤っていた。日本の家族と合流してマカオに旅行に行く予定だったが、新型肺炎の流行で取りやめた。予約を取り消すため、旅行サイトのヘルプデスク(東京)に電話するも、案内だけが流れつながらない。

国際電話代がもったいないので、代わりに横浜の家族が電話したら、2時間ほど待ってもつながらず、翌日の早朝にやっとつながった。それでも1時間近く待たされたという。新型肺炎で予約のキャンセルが相次ぎ、対応に追われていたのだろう。

未知のウイルスによる新型肺炎のニュースが出たのは昨年暮れ。当初感染者は27人との発表だったが、あっという間に世界に広がり、4万人以上に拡大した。世界が狭くなった分、一国の出来事はかつてないほど速く、大きな影響をよそに及ぼすようになった。現代社会は進歩と引き換えに脆弱(ぜいじゃく)性を増している。(二)


関連国・地域: マカオインドネシア日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ジャカルタの活動制限、27日まで再延長(08/14)

韓国企業、バタン工業団地に工場設置を検討(08/14)

バイトダンス、アプリで反中記事を削除(08/14)

全国の港湾開発費は470億ドル=海運局(08/14)

医師会が病床不足に警鐘 患者受け入れ拒否の病院も(08/14)

上半期のパーム油輸出額は6.4%増(08/14)

タックスアローワンスの申請、オンライン化(08/14)

年内は外国人観光客受け入れず=調整相(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン