• 印刷する

テイクオフ:当地に駐在の知人が憤っ…

当地に駐在の知人が憤っていた。日本の家族と合流してマカオに旅行に行く予定だったが、新型肺炎の流行で取りやめた。予約を取り消すため、旅行サイトのヘルプデスク(東京)に電話するも、案内だけが流れつながらない。

国際電話代がもったいないので、代わりに横浜の家族が電話したら、2時間ほど待ってもつながらず、翌日の早朝にやっとつながった。それでも1時間近く待たされたという。新型肺炎で予約のキャンセルが相次ぎ、対応に追われていたのだろう。

未知のウイルスによる新型肺炎のニュースが出たのは昨年暮れ。当初感染者は27人との発表だったが、あっという間に世界に広がり、4万人以上に拡大した。世界が狭くなった分、一国の出来事はかつてないほど速く、大きな影響をよそに及ぼすようになった。現代社会は進歩と引き換えに脆弱(ぜいじゃく)性を増している。(二)


関連国・地域: マカオインドネシア日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(18日正午)(02/19)

テイクオフ:7年ぶりにジャカルタに…(02/19)

デビットカードは衰退するか 19年取引額、7年で初の1桁成長(02/19)

1月の自動車部品輸入額、完成車の3倍(02/19)

自動車5社、CEPA批准で豪に参入検討(02/19)

アストラの自動車販売速報値、1月は3%減(02/19)

グローリー560販売台数、昨年は1275台(02/19)

1人当たりプラ包装消費量17キロ、WWF(02/19)

IHI、他社製ボイラー改修工事を受注(02/19)

輸入野菜の価格上昇、推薦状の交付遅延で(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン