• 印刷する

テイクオフ:仕事帰りに友人と食事に…

仕事帰りに友人と食事に出掛けるため、会社近くの店を探していると「ニョニャ料理」という文字が目に入った。シンガポールに来て数カ月たつが、これまでに聞いたことがない料理名だ。

気になって早速調べてみると、中華とマレーが融合した料理で、シンガポールやマレーシアでよく食べられているのだという。見た目は中華料理と似ているが、少し辛くてエスニックな味がするそうだ。まさに多民族国家を象徴する食べ物と言えるだろう。シンガポール国内だけでも、地元の人が集う老舗から観光客向けのレストランまで専門店がいくつか見つかった。

これまで日本から来客があった時には、定番のチキンライスやチリクラブ、バクテー(豚肉の煮込みスープ)などの店に行くことが多かったが、今後はレパートリーが増えそうだ。まずは会社近くの店舗に足を運んで、味を確かめなければ。(真)


関連国・地域: マレーシアシンガポール
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:2月初めに冬の京都を訪…(02/19)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(18日正午)(02/19)

新型肺炎対策で40億Sドル 産業界向け、SARSの17倍(02/19)

20年度の予算案、新型肺炎で赤字2倍に(02/19)

累計81人、新たに4人(18日正午)(02/19)

金融最大手DBS、感染2人目(02/19)

金融最大手DBS、新型肺炎の保険を無償提供(02/19)

シンガポール航空、新型肺炎で40都市を減便(02/19)

配車グラブと欧州社、空飛ぶタクシーで提携(02/19)

貿聯国際、星コネクター企業を買収(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン