ラオスの華人団体、マスクなどを武漢に寄贈

ラオスの華人系団体が、中国にマスクや医療用品の寄贈を始めた。寄贈品は順次、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が続く湖北省武漢市に送られている。ビエンチャン・タイムズ(電子版)が11日伝えた。  ラオス中国友好協会は、会長を務めるカンマニ・エネルギー・鉱業相を通じ…

関連国・地域: 中国ラオス
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ウドムサイで山火事、消火活動に600人参加(04/03)

ラオス航空が在留邦人の帰国便を運航へ(04/02)

10人目の感染者を確認、21歳の女性(04/02)

世銀、預金保護と住民登録制度を支援へ(04/02)

地元紙が印刷版の発行停止、外出禁止令で(04/01)

アジアがマイナス成長も、コロナ直撃=世銀(04/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン