1月の物価上昇率2.9%に加速 8カ月ぶり水準、利下げは継続か

フィリピン統計庁(PSA)は5日、2020年1月の消費者物価指数(CPI、12年=100)が122.6となり、前年同月比2.9%上昇したと発表した。3カ月連続で伸びが加速し、8カ月ぶりの高水準となった。首都マニラ南郊のタール火山の噴火や酒税増税などが影響した。物価上昇率はフィリ…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

食料品店は12時間営業を、大統領府(14:48)

テイクオフ:一斉に逃げ惑う市民で現…(04/02)

マニラ港に閉鎖の危機 コンテナ滞留、法的措置へ(04/02)

入国拒否73カ国・地域、全入国者に待機要請(04/02)

新型コロナ感染者2311人に、死者は96人(04/02)

財務省、融資返済猶予に施行細則(04/02)

貿産省、スーパーの営業時間延長を提言(04/02)

外出制限の解除、慎重に検討を=WHO(04/02)

ニッケル業界、新型コロナで操業停止も(04/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン