• 印刷する

スー・チー氏、教育会合で抗議の学生に叱責

ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相が出席していた会合で、政府が進める授業期間の延長計画に大学生らが反対を表明し、スー・チー氏がこれを叱責する一幕があった。ミャンマー・タイムズ(電子版)が28日伝えた。

大学生らは、ヤンゴン大学、ザガイン大学、教育大学の学生自治会のメンバー。スー・チー氏が28日、首都ネピドーで開催された教育関係の会合でスピーチをしていた際、「授業期間を1カ月延ばして、国の経済が良くなるのか」などと記した横断幕を広げた。

スー・チー氏はこれに対し、「会合の場は、個人や団体が突然意見を表明するためのものではない」と指摘。学生らが掲げていた横断幕については「発言したいことがあれば、他に適切な方法はいくらでもある」と述べた。

学生らは、スー・チー氏との面会を求めたが拒否された。

ウィン・モー・トゥン副教育相は「1年度の授業を10カ月に延長する計画は、国際的な基準に合わせるための措置」と述べた。しかし、授業期間の延長については、学生だけでなく教職員からも反対の声が上がっている。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

印からの帰国者2人感染、累計236人=5日朝(11:58)

国営航空に政府が緊急融資へ コロナ打撃、国際線は運休延長(06/05)

コロナ基金、1千社超に375億チャット融資(06/05)

道路局での申請、ネット事前予約が必要に(06/05)

バングラからの帰国者1人感染確認、4日朝(06/05)

(表)ASEANの日系自動車メーカー稼働状況(6月4日)(06/05)

MAB銀が投入、国内最高金利の貯蓄預金(06/05)

医療アプリのミャンケア、スカラが出資(06/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン