• 印刷する

《安全》湖北省から入国禁止、自宅待機命令も

シンガポールのオフィス街でもマスクを着用する人が多くみられた=28日、シンガポール中心部(NNA撮影)

シンガポールのオフィス街でもマスクを着用する人が多くみられた=28日、シンガポール中心部(NNA撮影)

シンガポールの保健省は28日、中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の対策措置として、湖北省からの渡航者の入国を全面禁止した。過去14日以内に同省へ渡航歴のある国民、永住権(PR)保持者、居住外国人のほか、湖北省で発行された旅券を保有する居住中国人全員に対し、自宅待機を命じる声明も出した。

29日正午以降、過去14日以内に湖北省への渡航歴がある旅行者、湖北省で発行された中国旅券を持つ旅行者の全員の入国とトランジットを許可しない。

また移民局(ICA)は、湖北省で発行された中国旅券保持者に対し、新たにビザを発行するのを中止した。既に発行したビザも一時的に無効とし、新たな入国は認めない。

保健省は、シンガポールには現在、過去2週間以内に湖北省から到着した旅行者や住民が約2,000人いると試算。うち1,000人が短期滞在ビザで入国した旅行者とみている。

感染リスクが高い人について、国民、PR保持者、居住外国人は自宅または指定施設での隔離待機、短期滞在ビザ保持者には政府の隔離施設での待機を敢行する。

政府は国内で確認された感染者7人全員が武漢からの旅行者であること、中国で確認された感染者の95%が湖北省で発症していることから、同省からの入国を禁止することを決めた。


関連国・地域: 中国シンガポール
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

個人向け金融サービスを強化 配車グラブ、コロナ下の新戦略(22:24)

米フィンテック企業、ア太平洋拠点設置へ(18:33)

賃金ガイドライン、コロナ禍で見直し検討(21:37)

製造業PMI、6カ月ぶりに50超え(18:42)

6月の外国人入国者2千人、前月からは回復(21:36)

米インテグリス、積層造形の研究所設立へ(18:33)

新規感染295人、計5万3346人(4日)(18:33)

テイクオフ:新型コロナウイルス感染…(08/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン