インド個人消費低迷、経済成長の鈍化要因

【ニューデリー共同】インドで国内総生産(GDP)の6割を占める個人消費が伸び悩み、景気減速に歯止めがかからない。消費の好不調の目安となる自動車販売は政府のてこ入れ策にも回復の足取りは鈍い。住宅購入支援策など景気対策も期待ほどの効果は表れていないのが実情だ。 イ…

関連国・地域: インド
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:こぎれいなインド料理屋…(02/18)

配当税撤廃で日系に恩恵 MUFG予算講座、会計士が解説(02/18)

GST導入効果は現時点で微少=IMF(02/18)

企業のCSR活動、76%が規定以上の拠出(02/18)

EC企業対象の新課税案、業界団体が反発(02/18)

二輪ヒーローの2月生産、新型肺炎で影響(02/18)

インドの自動車生産、新型肺炎で8%縮小も(02/18)

ポルシェ、中古車事業への参入を計画(02/18)

米金融ウェルズ、比事業の一部をインド移転(02/18)

鉄鋼タタ、本年度の設備投資は900億ルピー(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン