インド個人消費低迷、経済成長の鈍化要因

【ニューデリー共同】インドで国内総生産(GDP)の6割を占める個人消費が伸び悩み、景気減速に歯止めがかからない。消費の好不調の目安となる自動車販売は政府のてこ入れ策にも回復の足取りは鈍い。住宅購入支援策など景気対策も期待ほどの効果は表れていないのが実情だ。 イ…

関連国・地域: インド
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「祇園精舎の鐘の声 諸…(09/18)

車所有、コロナで前向き 4割が1年以内に購入計画=自工会(09/18)

三菱電機、デリーメトロ車両の電機品受注(09/18)

EV部品新興エンテュープル、資金調達計画(09/18)

バーラト重電、リニア特化のスイス社と提携(09/18)

インドスペース、グルガオンの土地取得へ(09/18)

空港でのPCR検査、ガイドライン発表(09/18)

8月の国内線旅客数、76%減の283万人(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン